長距離砲獲得が刺激?エルドレッドが決勝弾

[ 2013年6月12日 22:01 ]

<楽・広>延長10回表2死からエルドレッドが左越えに勝ち越し弾

交流戦 広島4―3楽天

(6月12日 Kスタ宮城)
 これぞ主砲だ。広島のエルドレッドが同点で迎えた延長10回、左翼席へ特大の決勝ソロ本塁打を叩き込んだ。

 抑えのミコライオが9回1点リードを守れず突入した延長戦。10回2死無走者からの決勝弾に「4番の仕事というのはこういう勝ちたい試合を決めること」と胸を張った。

 前日に広島は新外国人のキラ・カアイフエ内野手を獲得。長距離砲、守備位置も同じ一塁で競争は必至。ライバルの合流前にエルドレッドが猛烈アピールを見せた。野村監督も「大きなスライス。ファウルから戻ってきたね」と目を丸くしていた。

 広島は4連勝。交流戦の勝率を5割とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース