勝ち星遠いブラッドリー「流れがバッターの方に行っていた」

[ 2013年6月12日 22:30 ]

西武戦に先発した中日・ブラッドリー
Photo By スポニチ

交流戦 中日0―10西武

(6月12日 西武D)
 中日先発のブラッドリーは6回途中11安打6失点(自責点5)で降板し「流れがバッターの方に行っていた。疲れてはいないけど、球が浮いていた」と唇をかんだ。

 過去3試合はいずれも2失点以内と好投をしながら、1カ月間勝ち星から遠ざかっている。この日も5回まで1失点と好投したが打線の援護がなく、6回に3本塁打を浴びて力尽きた。「6回もいいピッチングがしたかった。点を取られなければ勝てるチャンスがあったと思うけど」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月12日のニュース