巨人 マエケン攻略して3連勝!

[ 2010年10月7日 20:07 ]

 【巨人3―1広島】巨人が前田健を攻略して3連勝。2回に阿部の44号ソロで先制し、7回に高橋の2点適時打で突き放した。東野は直球に切れがあり、8回無失点で13勝目。最後は山口が締めた。広島の前田健は7回3失点で8敗目を喫した。

 2位でシーズンを終えるために負けられない巨人は7日、東京ドームで広島と対戦。巨人は東野、広島は前田健が先発。

 巨人は2回に阿部の44号ソロで先制した。前田健のスライダーを右翼席へ運び、「ちょっと詰まったけれど、しっかり振り切れた。中堅方向への打撃を意識したのがよかった」とコメントした。

 これまでは2004、07年に記録した33本が最多だったが、大幅に自己記録を塗り替えた。チームは優勝を逃した。だが、阿部自身はこの日もリーグ屈指の右腕をとらえるなど、存在感を十二分に発揮している。

 7回にも、2死から阿部が右前打、坂本は“本塁打”が、ビデオ判定でファウルとなったが、粘って四球を選び、続く高橋が中前適時打を放ち2点を加えた。

 9回、巨人はクルーンが登板、1点を取られたが、3-1で勝って3連勝を飾った。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース