レイズ19勝左腕がっくり「勝てるはずがない」

[ 2010年10月7日 09:06 ]

 【レイズ1―5レンジャーズ】レイズのエース、プライスは7回途中5失点の結果に「レンジャーズは最初のストライクをしっかり振ってきた。もっといい投球をしなければ勝てるはずがない」とうなだれた。

 8三振を奪うなど速球に力はあったが、3回に3ボールからの4球目を本塁打されるなど不用意な球があった。「緊張したとは思わない。ベストの状態ではなかった」。シーズン19勝左腕は力なく話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース