プロ志望届提出の青学大の小池が右手指骨折!

[ 2010年10月7日 18:49 ]

 東都大学野球リーグ、青学大の小池翔大捕手(4年、茨城・常総学院出)が、6日の亜大戦で投球を受けて骨折した右手中指の手術をすることになった。河原井正雄監督が7日、明らかにした。

 小池は今夏の世界大学選手権代表で、既にプロ志望届を提出している。河原井監督は「骨折が関節に及んでいないのは幸いだ」と話したが、今季の試合出場は無理となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース