広瀬 プロ10年目で初の3割確定だ!

[ 2010年10月7日 06:00 ]

<ヤ・広>4回2死 広瀬は、左翼線へ二塁打を放つ

 【広島0-2ヤクルト】広島の広瀬がプロ10年目で初の打率3割を確定させた。

 今季10打数1安打と苦手にしていたヤクルト・館山から4回に左翼線二塁打、9回に左前打と2安打を放ち、打率を・309まで上げた。残り2試合、15打数無安打でも3割ジャスト。左わき腹などに故障を抱えながら、初めて規定打席に到達した男は「1年続けてやって、初めて一人前。ここまで自力でやって来られたという思いはある」と充実感をにじませた。

 ≪栗原は3割黄信号≫赤ヘルの主砲の3割到達に黄信号が点灯した。栗原は初回の第1打席で左越え二塁打を放ったが、それ以降は館山から安打を放つことはできず。打率は・296となり、3割には残り2試合で8打数4安打以上が必要となった。厳しい状況に追い込まれた栗原は「またあした頑張ります。あと2試合あるので」と話した。

 ▼広島・野村監督(今季14度目の零敗で3連敗)こちらがモノにしないといけない試合。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース