尾花監督 1年目は苦しい戦い

[ 2010年10月7日 22:40 ]

 【横浜2-0阪神】就任1年目は3年連続の最下位。横浜の尾花監督は「最初は作戦を出していたけど、失敗して出せなくなることもあった。やりたいことができなかった」と苦しい戦いを振り返った。

 三浦の不振など、先発陣が誤算続き。抑えとして期待したブーチェックが機能しないなど、新戦力もはまらなかった。悩みの多かった1年に「課題はいっぱいある」と新監督は話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース