TBSが横浜株の一部保有か

[ 2010年10月7日 22:31 ]

 親会社のTBSホールディングス(HD)による住宅設備大手の住生活グループへの球団売却交渉が進んでいる横浜ベイスターズの若林貴世志オーナーは7日、TBSグループが保有する球団株69・2%のうち、TBSHDが保有する51・5%については住生活グループに譲渡し、関連会社のBS―TBSが持つ残りの17・7%の一部を継続保有する、との見通しを明らかにした。

 若林オーナーは横浜スタジアムでの今季最終戦後に「(住生活グループが)オーナーになる以上、TBSが持つ約51%をお持ちになるのでは。BS―TBSで持つ17%強は、どれだけ求められるかによる」と語った。
 球団株の継続保有について若林オーナーは「大洋時代から40年、中継してきているのだから、その火は消したくない」と説明した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2010年10月7日のニュース