169キロ腕チャプマン 初プレーオフ出場へ意欲

[ 2010年10月7日 06:00 ]

 レッズの世界最速105マイル(約169キロ)左腕のチャプマンが、初のプレーオフ出場へ意欲を語った。

 役割は守護神コルデロへとつなぐセットアッパー。救援陣のカギを握る存在となるが「重圧を感じる理由などない。投げるとすればチームが信頼してくれるからで、誇りに思うだろう」と力を込めた。前評判ではリーグ2連覇中のフィリーズが断然有利。しかしベーカー監督は「不利と言われても気にならない」と強気に話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース