斎藤 プレーオフ出場登録も…首脳陣が方針転換

[ 2010年10月7日 12:36 ]

地区シリーズを前に、笑顔を見せるブレーブスの斎藤。左はワグナー

 米大リーグ、ブレーブスの斎藤隆投手が6日、サンフランシスコで7日(日本時間8日)に始まるジャイアンツとの地区シリーズに出場選手登録される可能性が出てきた。斎藤はシーズン終盤の右肩痛で約2週間登板がなく、一度は登録から外れることを伝えられたが首脳陣が方針を転換した。

 この日は結論が出ず、最終決定は試合当日の7日に持ち越した。登録の締め切りは米西部時間7日午前10時(同8日午前2時)となっている。

 斎藤は前日に続き、この日もブルペンに入り、約20球を投げて状態を確認した。「前回よりもはるかにいい」と好感触は得たものの、登録前に実戦で調整登板することを希望している。

 斎藤は「僕はブルペンでは調整できない。(登録されても)果たして役に立てるのか。最終的には指示に従う」と話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース