村田、内川とも“FA資格の行使”態度保留

[ 2010年10月7日 22:44 ]

 横浜の村田修一内野手(29)と内川聖一内野手(28)は7日、最終戦となった阪神戦(横浜)後、今季中に取得した国内フリーエージェント(FA)権の行使について態度を保留した。

 村田は「まずは横浜が自分をどれだけ思っているかを聞いてから。家族とも話し合わないと」とし、内川は「じっくり考えたい」と話すにとどめた。
 村田は2007、08年に本塁打王に輝いた強打者。内川は08年に右打者の史上最高打率となる打率3割7分8厘で首位打者を獲得した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース