楽天 星野SDに対しての監督要請は阪神に配慮

[ 2010年10月7日 20:43 ]

 楽天の米田純球団代表は7日、仙台市内で来季の監督就任を要請する阪神の星野仙一シニアディレクター(SD)=(63)=への要請時期について「阪神のファン、球団に迷惑がかからないようにしたい」と、クライマックスシリーズ(CS)に進む阪神の試合日程などに配慮して進めることを強調した。阪神は16日からCSファーストステージで巨人と対戦する。

 星野SDも東京都内で「終わるまで何もない」と話し、CSを控える阪神を気遣う姿勢を示した。
 楽天の井上智治オーナー代行は6日、「阪神のレギュラーシーズン終了後に動くということ」と、8日以降に正式要請することを明らかにしている。
 中日、阪神をリーグ優勝に導いた星野SDは、北京五輪で4位に終わった後、2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の代表監督就任は固辞したが、再びユニホームを着る意欲を示している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース