13年WBC 予選を導入へ

[ 2010年10月7日 06:00 ]

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は5日、米ニューヨークで運営委員会を開き、13年に開催予定の第3回大会に向け、競技普及を目的に予選を導入する方向性を確認した。

 正式決定すれば、予選は11年秋を予定。第2回大会で未勝利だった台湾、カナダ、南アフリカ、パナマに12チームを加えた16チームを4ブロックに分け、各ブロック1位が1次ラウンドに進出する案が検討されている。本戦の期間についても協議され、期間短縮や同一カード削減のために各ラウンドの1位決定戦の廃止やダブルヘッダーの実施が話し合われた。
 また、第2回大会の最終決算が約1800万ドル(約14億9000万円)の黒字だったことが報告された。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年10月7日のニュース