時松、浅地ら史上初の5人プレーオフに突入

[ 2019年9月15日 14:06 ]

男子ゴルフ ANAオープン最終日 ( 2019年9月15日    北海道北広島市 札幌GC輪厚C=7063ヤード、パー72 )

 優勝争いは史上初の5人プレーオフとなった。首位で出た時松隆光(26=筑紫ケ丘GC)は前半で2バーディーを奪い16アンダーまで伸ばして単独首位に立つが、13番でボギーを叩く。それでも17番で5メートルのバーディーパットを沈め首位タイで最終ホールを迎えた。左フェアウエーからの2打目をピン左上3メートルに乗せバーディーチャンスをつくった。だが、優勝を懸けたパットがわずかにカップをそれ、この日70の通算16アンダーでホールアウト。勝負は時松、S・ハン、S・ノリス、浅地洋佑、嘉数光倫の5人によるプレーオフに持ち込まれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月15日のニュース