LOヘル・ウヴェ ディフェンスこじ開ける切り札

[ 2019年9月15日 05:30 ]

最強ジャパン 桜戦士31人(14)

「日本のために」縦へ突き進むヘル
Photo By スポニチ

 巨体をぶつけてディフェンスをこじ開ける、切り札の一人だ。疲労がたまる後半に投入されれば、相手の脅威となるのは確実。サンウルブズで腕を磨き、テストマッチは2戦連続で先発出場中と評価を高めている。

 トンガで生まれ、高校からニュージーランドに渡った。ところが、新天地では競技を一度離れた。「教師を目指していた」と学業に専念するための決断だったが、予定より早く復帰した。「結構、勉強が優秀で。飛び級をして、兄と同学年になって。そこで兄からラグビーを勧められた」

 頭脳と、プレーを評価されて拓大に誘われた。「家族が助けに来られない環境で自分を磨きたかった」。退路を断って道を進み、大学では主将も務めた。

 16年に日本国籍を取得。2児の父で、妻・貴子さんの「味噌汁が大好き」という愛妻家だ。生活拠点がある静岡県でのアイルランド戦出場に意欲を見せる。最大の目標は「トップ8」。「日本のために頑張りたい」と縦へ縦へ突き進む。

◆ヘル・ウヴェ 1990年7月12日生まれ、トンガ出身の29歳。ニュージーランド・セントトーマスカンタベリー高から拓大へ留学。14年にヤマハ発動機に加入。16年に日本国籍取得。代表14キャップ。1メートル93、113キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月15日のニュース