フランスが2大会連続の3位 2次予選で負けたオーストラリアにリベンジ

[ 2019年9月15日 18:58 ]

銅メダルを手にして歓喜するフランスの選手たち(AP)
Photo By AP

 男子バスケットボール・W杯中国大会の3位決定戦が15日に北京で行われ、世界ランク3位のフランスが同11位のオーストラリアを67―59(11―16、10―14、21―16、25―13)で下し、前回スペイン大会(2014年)に続いて3位の座を確保した。

 フランスは第3Qの2分10秒で15点差をつけられていたがここから猛追。第4Qにはシーソーゲームの中で4度も逆転し、178センチのガード、アンドリュー・アルビシー(29)がこのクオーターだけで3本の3点シュートを成功し、全得点(9)を土壇場で記録して勝利こ貢献した。

 フランスは9日の2次予選では98―100でオーストラリアに負けていたが3位決定戦では雪辱。NBA元スパーズのナンド・デコロ(32)がチーム最多の19得点、マジックのエバン・フォーニエー(26)は16得点を稼いでオーストラリアを振り切った。

 アジア最終予選を突破し、W杯12回目の出場で初めて4強に勝ち残ったオーストラリアは惜敗。3位決定戦は五輪で過去4回すべて負けていたが、W杯でも勝てなかった。準決勝のスペイン戦で4得点に終わっていたジョー・イングルス(31=ジャズ)は17得点を挙げたものの、ここまで平均23・9得点をマークしていたパティー・ミルズ(31=スパーズ)は15得点どまり。3点シュートの成功は4本中2本にとどまった。

 

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月15日のニュース