MGC女子 小原怜 2位と4秒差の3位に「首の皮一枚つながる結果」

[ 2019年9月15日 12:06 ]

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC) ( 2019年9月15日    東京・明治神宮外苑発着 42・195キロ )

<MGC 女子>3位でゴールした小原(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 男女とも上位2人が2020年東京五輪の代表に内定するマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、明治神宮外苑発着で行われた。10人が出場した女子は、前田穂南(23=天満屋)が2時間25分15秒で優勝し、五輪切符を獲得した。2位には鈴木亜由子(27=日本郵政グループ)が2時間29分02秒で入った。3位は、鈴木と4秒差の小原怜(29=天満屋)だった。

 レース後、小原は「練習量としてはやってきたっていう自信はあったので、なんとか(2位の鈴木を)つかまえたいっていう思いで、足がつりそうになったり、ちぎれそうだって思ったんですけど、沿道の声援で“あと何秒差、追いつけるぞ、頑張れ”っていうのが聞こえて最後まであきらめずに首の皮一枚って言ったらあれですけど、つながる結果だったと思います」と話した。そして「満足はしていないんですけど、この結果は(優勝した)前田と一緒練習できたことが自分にとってプラスになって引っぱってくれたなと思っています」とチームに感謝した。五輪出場の可能性がある3位と結果には「まだまだだと思っています。タイムとしても世界と戦える力をしっかりつけていきたいと思います」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月15日のニュース