MGC男子成績 見せ場作った鈴木7位、36歳中本が8位

[ 2019年9月15日 12:43 ]

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC) ( 2019年9月15日    明治神宮外苑発着 )

<MGC 男子>1位でゴールする中村(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 男女とも上位2人が2020年東京五輪の代表に内定するマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が15日、明治神宮外苑発着で開催。30人が参加した男子は中村匠吾(26=富士通)が2時間11分28秒で優勝、8秒差で2位の服部勇馬(25=トヨタ自動車)とともに東京五輪内定を勝ち取った。3位には服部と5秒差で大迫傑(28=ナイキ)が入った。

 男子成績は以下の通り

 【男子成績】

 (1)中村匠吾(26=富士通)2時間11分28秒

 (2)服部勇馬(25=トヨタ自動車)2時間11分36秒

 (3)大迫傑(28=ナイキ)2時間11分41秒

 (4)大塚祥平(25=九電工)2時間11分58秒

 (5)橋本崚(25=GMOアスリーツ)2時間12分7秒

 (6)竹ノ内佳樹(27=NTT東日本)2時間12分31秒

 (7)鈴木健吾(24=富士通)2時間12分44秒

 (8)中本健太郎(36=安川電機)2時間12分46秒

 (9)藤本拓(30=トヨタ自動車)2時間13分58秒

 (10)岡本直己(35=中国電力)2時間14分55秒

 (11)上門大祐(25=大塚製薬)2時間15分08秒

 (12)山本浩之(33=コニカミノルタ)2時間15分52秒

 (13)河合代二(27=トーエネック)2時間15分56秒

 (14)設楽悠太(27=ホンダ)2時間16分09秒

 (15)堀尾健介(23=トヨタ自動車)2時間16分21秒

 (16)山本憲二(29=マツダ)2時間16分44秒

 (17)神野大地(26=セルソース)2時間17分40秒

 (18)木滑良(28=MHPS)2時間18分51秒

 (19)谷川智浩(30=コニカミノルタ)2時間18分56秒

 (20)岩田勇治(32=MHPS)2時間19分45秒

 (21)村沢明伸(28=日清食品G)2時間19分52秒

 (22)福田穣(28=西鉄)2時間19分55秒

 (23)佐藤悠基(32=日清食品G)2時間20分13秒

 (24)藤川拓也(26=中国電力)2時間20分35秒

 (25)今井正人(35=トヨタ自動車九州)2時間21分15秒

 (26)園田隼(30=黒崎播磨)2時間21分51秒

 (27)井上大仁(26=MHPS)2時間22分10秒

 棄権 髙久龍(26=ヤクルト)、荻野皓平(29=富士通)、宮脇千博(28=トヨタ自動車)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月15日のニュース