橋下徹氏「ハートに突き刺すメッセージはさすが」 弁の立つ人…あの“強敵”を絶賛

[ 2021年12月3日 13:10 ]

元大阪市長で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が2日深夜放送のMBSテレビ「かまいたちの知らんけど」(木曜後11・56)に出演。弁の立つ人を聞かれ、テレビで過激なバトルを繰り広げた“強敵”の名前を挙げた。

 MCの「かまいたち」山内健司(40)から「橋下さんから見て、弁の立つ人は?」と聞かれると、橋下氏は「じっくりはやったことはないんですけど、山本太郎さんとかね」と意外な名前を挙げる。というのも、橋下氏は衆院選当日の10月31日、フジテレビ系の開票特別番組「Live選挙サンデー」に出演し、山本代表と舌戦を繰り広げたからだ。

 橋下氏は「もう全然、政治的な考え方としては真逆だと思うんですけど、タレントやってただけあって、感情に訴える、ハートに突き刺すメッセージはさすがだなと思いますね」と評価。「政治って説明じゃダメなんですよね。きちっとした説明をやるのは役所の職員で、政治家はハートに突き刺さるような言葉じゃないといけないから。それができる政治家ってなかなか少ないんですけど、山本太郎さんはそうじゃないですか」と評価した。

 その上で橋下氏は「僕も腹立ってるんですよ、彼には」と苦笑い。「僕に対して、彼もめちゃくちゃ言ってきてたから。で、全否定してたから。こないだ選挙特番の時もその気持ちがあったもんで、こっちも感情だけでいってしまったんだけど、あれはちょっとまずかったな」と反省を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月3日のニュース