50代初?「錦鯉」M―1決勝進出 長谷川雅紀「“50歳からの伸びしろ”をテーマにやってきた」

[ 2021年12月3日 05:30 ]

「M-1グランプリ」の決勝に進出した9組。(前列と後列の2人でコンビ)左から、インディアンス、真空ジェシカ、モグライダー、ゆにばーす、ロングコートダディ、オズワルド、錦鯉、もも、ランジャタイ
Photo By スポニチ

 漫才日本一を決める「M―1グランプリ」の準決勝が2日、都内で開かれ、決勝進出者9組が決定した。

 史上最多となるエントリー6017組から、初の決勝となる5組を含む9組が駒を進めた。2年連続で決勝進出となる「錦鯉」の長谷川雅紀は50歳。「50代の決勝は初めてじゃないですか」と喜び、「今年は“50歳からの伸びしろ”をテーマにやってきた。頑張りたい」と意気込んだ。男女コンビ「ゆにばーす」は3年ぶり3回目の決勝。女性初の優勝を目指し、はら(32)は「優勝して寿退社したい」と話した。

 ほかに、インディアンス、真空ジェシカ、モグライダー、ロングコートダディ、オズワルド、もも、ランジャタイが19日の決勝に進んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年12月3日のニュース