×

プロ野球「将棋王」優勝予想は?渡辺明王将「初出場の山川選手」 第2回球王戦、12日ニコニコ生放送で配信

[ 2021年12月3日 12:00 ]

プロ野球最強「将棋王」は誰だ!?12日ニコニコ生放送で配信
Photo By スポニチ

 プロ野球選手で最強の「将棋王」を決める「プロ野球最強将棋王決定戦」(スポーツニッポン新聞社、株式会社ドワンゴ主催)は、12日16時30分からライブ配信サービスのニコニコ生放送で生配信する。日本プロ野球選手会の全面協力のもと、球界屈指の将棋好きを名乗る巨人・丸佳浩外野手(32)、ロッテ・安田尚憲内野手(22)に加えて、新たに西武・山川穂高内野手(30)、楽天・西口直人投手(25)、DeNA・嶺井博希捕手(30)、そして昨年の第1回大会で優勝し「球王」のタイトルを獲得した中日・平田良介外野手(33)がエントリー。トーナメント方式で“球王”をの座を目指す。

 解説陣も豪華棋士が顔をそろえる。熱狂的ヤクルトファンの渡辺明王将(37=名人、棋王との3冠)と、DeNAファンでプロ野球公式戦での始球式経験を持つ戸辺誠七段(35)、司会&聞き手には阪神ファンの室谷由紀女流三段(28)と棋界を代表する野球ファンが集結。第2回の配信を前に、今年の「球王」予想を聞いた。

 まずは、エントリーした6選手の棋力を発表。振り飛車党の中日・平田は「1級」。「振り飛車にあこがれる居飛車党です」とした巨人・丸は「2級」、「矢倉が好き」というロッテ・安田は「2級」を自己申告した。

 さらに、初参戦組のDeNA・嶺井は「3級」も将棋歴は20年。書道にピアノと多才な西武・山川は「2級」とした。そして楽天・西口はなんと「二段」と6選手の中で最高の棋力を申告。しかし「好きな戦法は原始棒銀」とシンプルな戦法を挙げるなど、解説陣の優勝予想を惑わせた。

 渡辺は「初出場の山川選手にします。チーム内での対戦で2枚落ち(飛車角落とし)で勝つという記事を読んだのですが、それはかなりの腕前と見えるからです!」と回答。戸辺は「ベイスターズファンなので、初参加の嶺井選手を挙げたいと思います!将棋歴20年で右四間飛車が得意という事で期待大◎。キャッチャーは采配でよく読むと思うので、それが将棋にどう現れるか。勝負強い打撃(攻め)も期待します」。室谷は「第1回球王の平田選手と予想します。昨年は将棋を初めて2年とは思えないほどの安定感のある指し回しで、大変驚かされました」。解説陣の優勝予想が的中するかにも注目したい。

 プロ野球選手が盤上で繰り広げる熱き戦いの模様は、ライブ配信サービスのニコニコ生放送にて、「プロ野球×将棋特番2021」と題して、12日16時30分より生配信する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月3日のニュース