松本人志 不適切行動で謝罪の石川遼 “要職の看板”巡る声に 「俺のM-1審査員みたいなもん」

[ 2021年11月28日 11:45 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(58)が、28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。男子ゴルフの石川遼(30=CASIO)が24日に、高知県芸西村のKochi黒潮カントリークラブで記者会見を行い、米国から帰国後の新型コロナウイルス対策の自主隔離中に不適切な行動があったことについて謝罪したことに言及した。

 会見で石川は「応援してくださる方、選手会の皆さまなどに多大なご迷惑をかけたことを心よりおわびします」と謝罪。10月下旬に米国で米下部ツアー予選会に出場し、帰国後の14日間の自主隔離期間に「待機場所」として登録したゴルフ場でラウンドや練習を行い、関係者と飲酒したことなどが今月上旬の一部報道で発覚。事実関係を認め、日本ゴルフツアー機構(JGTO)から12月15日まで1カ月間の出場停止処分を受けた。JGTO副会長や理事など要職の辞任も受理されていた。

 松本は「遼くんは偉くなり過ぎたんですよね?そういう立場になっちゃったから、ここまでやらないといけなくなっちゃったんじゃないかと」と私見。

 若くして要職の看板を背負っていたことに、スタジオからは「引っ張っていかなきゃいけない」「有名選手を立てないと、男子ゴルフは人気が低迷しているから。金看板を背負ってやってくださいって言われてやってる部分はあると思う」との意見も出た。

 これを踏まえ、松本は「めんどくさい役職?俺のM-1審査員みたいなもんね。ちょっと声大きなったけど…」と苦笑。周囲からは「松本さんはそんなんじゃないでしょ。後輩のためにってのがあるでしょ」とツッコまれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月28日のニュース