×

安住紳一郎アナ 小栗旬へのインタビューでよもやのアクシデント「『安住さんの魂が出たのかと…』って」

[ 2021年11月28日 13:10 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBS安住紳一郎アナウンサー(48)が28日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(日曜前10・00)に生出演。俳優の小栗旬(38)をインタビューしたときに起こったアクシデントを明かした。

 年を取ると食べ物が飲み込みにくいという話題から、安住アナは「私も食事の撮影中にですね、奥歯の詰め物が、ちょっと昔に直した銀歯の銀が取れちゃってね。削ったとこ、むき出しの状態で過ごしてたんですよ。歯医者にいかなきゃならないなと思ってたんですけど、ちょっと時間がなくて。で、逆の歯でかんでればいいや、っていうそういう2、3日があったんですよ」と語り出した。

 そんな時に撮影でホルモンの店に行くことになり、「ホルモンって、ちょっと飲み込むタイミング分からないものあるじゃないですか。結局ほどよいタイミングで飲み込めばいいみたいなホルモンがあったんですけど、それ食べた時に、ホルモン一部が奥歯の削り出した部分のちょっととがったところにひっかかっちゃったんですね。のどの奥に宙ぶらりんになっちゃった」とのアクシデントに見舞われた。「飲み込もうと思っても、奥歯の角にひっかかっているわけだから。宙ぶらりんのままになっちゃって。しかもそれ、インタビュー中、小栗旬さんへのインタビュー中で」と大変な状況だったとした。

 「これは困ったなと思って。のどの奥にスペースを持たせながら、あー、そーですね、うーうーとか言ってたんですけど、これは、どうしようもない、うーうーみたいな感じになっちゃって」と安住アナ。小栗も「どうしたんですか」というような顔をしている中で、安住アナは「ちょっとごめんなさいね」と言ってのどの奥に手を突っ込みホルモンを取り出した。安住アナは最後に「小栗旬さんが『安住さんの魂が出たのかと思いました』って」と明かして笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月28日のニュース