×

高岡蒼佑さん 感無量…俳優最後の仕事「夢の詰まった作品」、映画「CHAIN―」舞台あいさつ登場

[ 2021年11月28日 05:30 ]

映画「CHAIN/チェイン」の公開記念舞台あいさつに出席した(左から)福岡芳穂監督、和田光沙、辻凪子、上川周作、塩顕治、村井崇記、池内祥人、高岡蒼佑さん
Photo By スポニチ

 元俳優の高岡蒼佑さん(39)が27日、都内で映画「CHAIN/チェイン」(監督福岡芳穂)の公開記念舞台あいさつに出席した。昨年8月に自身のインスタグラムで引退を発表。京都芸術大学の学生と共同製作した本作が俳優として最後の仕事。

 「学生の子たちがいろいろな持ち場で活躍している姿を見て、これからも活躍するだろうなと思える夢の詰まった作品」と笑顔。特に主演の上川周作(28)の演技には「鳥肌が立った。僕はやめて良かった」と自嘲気味に話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年11月28日のニュース