白濱亜嵐 母はフィリピン出身 幼少期、毎週末通っていたのは… 「視野とか考え方とか広がった」

[ 2021年11月28日 15:03 ]

EXILE、GENERATIONSの白濱亜嵐
Photo By スポニチ

 男性7人組「GENERATIONS」リーダーの白濱亜嵐(28)が28日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。幼少期の思い出を語った。

 母がフィリピン出身で「祖母はスペインとかの血も入ってる。ひいじいちゃんも中国の血が入ってる」という。「ちっちゃい頃は、毎週末は絶対教会。マジで異文化交流。いろんな人種の子がいて礼拝もするし、パーティとかあったら全然言葉通じない子供たちと遊んでたりとか」と回想。

 「あとはフィリピンハーフのコミュニティにほとんどいたから、みんなお母さんはフィリピン出身ってところで育ったかな。ちっちゃい時からそういう環境にいるからこそ、視野とか考え方とかは広かったと思う」と、ならではの考え方が身についたようだ。

 親世代の国際結婚は大変だったのではと思いを馳せつつ「うちの母親は15歳くらいで日本に来てるから、昔とかだと差別もあっただろうし。参観日とか来ると、珍しいからイジられたりしてたな」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月28日のニュース