長嶋一茂 娘への「金銭教育」を明かす「お金を好きになりなさい」と言い続けるも…

[ 2021年11月26日 19:53 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(55)が26日放送のテレビ朝日系「ザワつく!金曜日 拡大スペシャル」(後6・50)に出演し、娘への「金銭教育」について語った。

 現役時代、一茂は先輩から「グラウンドには金が落ちているぞ」と言われていたそう。「野球界では有名な言葉」とした上で、「やる気が出ることじゃない、お金をそこのグランドから持ち帰れるかってことを考えたり、練習する創意工夫っていうのは、自分のセンスだよ」とコメント。「ハッキリ言うけど、(創意工夫が)俺はなかった」と付け加えた。

 「そんなことないですよ」の声を受け、「そうかなぁ」とニンマリ顔の一茂は、「俺は家訓じゃないけど、娘にはハッキリ『お金を好きになりなさい』って、ちゃんと言っている」と打ち明けた。理由に関して「人と一緒でお金は生ものだから、お金のことも好きにならないとお前のところにお金は近寄っていかないって。ずっと小学校の時から言っている」と語った。

 しかし、一茂が口を酸っぱくして言い続けてきたことで「娘はお金のことに全く執着なくっちゃった、逆に」。娘は「もう17歳」といい、「だから『こういう買い物があるからパパいくらちょうだい』とか言うじゃない?全然言わない」と告白した。クリスマスや誕生日にプレゼントをねだることがないとも。「一切言わない、だから欲がないんじゃないかな今の子はって思って」と口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月26日のニュース