橋下徹氏 自身の“トリセツ”をかまいたちにレクチャー! 「僕がやってた政治にいい評価したら…」

[ 2021年11月26日 11:08 ]

元大阪市長で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が25日深夜放送のMBSテレビ「かまいたちの知らんけど」(木曜後11・56)に出演。「かまいたち」の濱家隆一(38)と山内健司(40)に“橋下徹のトリセツ”をレクチャーした。

 橋下氏はかまいたちを「人気大絶頂じゃないですか。うちの長女が『かまいたちがブレークする前から、私はずっと大ファンだった』って。大ファンみたいです」と持ち上げる。これに対し、橋下氏と初対面の山内は「(橋下氏を)ユーチューブでしか見たことないです。怒り狂った映像ばっかりです」と正直に口にする。

 これを受けて、橋下氏は自身の“トリセツ”を口に。「ちょっとでも僕がやってた政治にいい評価を与えたら、ネットで大炎上するから。東野さんとかエラい目にあってるから」と明かすと、濱家が首を縦に振りつつ、「良くも悪くも橋下さんのことに関して触れるのが怖いんです」と告白。橋下氏は「距離をあけるっていう、ここのスタンスを守らないとタレント生命なくなってしまうんで気をつけてください」と冗談交じりにアドバイスした。

 ここで山内が「もし、百田のおっさんが来たらオレが!」と殴りかかるようなポーズを見せて、橋下氏をチクリ。ネット上で“舌戦”を繰り広げることが多い作家・百田尚樹氏(65)の名前を出されたことで、橋下氏は苦笑いを浮かべるばかりだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月26日のニュース