大黒摩季 リアルな恋愛観を明かす「ボーイフレンドがいっぱい欲しい…1人の人を愛し抜く余裕がない」

[ 2021年11月26日 11:20 ]

大黒摩季
Photo By スポニチ

 歌手の大黒摩季(51)が25日放送のフジテレビ「アウトデラックス」(木曜後11・00)に出演。自身のリアルな恋愛観を語った。

 番組内では大黒の「死ぬまでにやりたい50のリスト」を紹介。その中から「彼氏を作る」という項目についてトークが展開された。

 大黒は「ツアーがあると1週間出っぱなしとか、レコーディングがあったりすると最初『8時頃帰るね!』って言ってても、ミュージシャンと一緒に粘ると朝になっちゃったりとか…」と歌手ならではの多忙な生活を明かし、「必ず付き合った人達、待ってばっかりでおかしくなってくるんですよね」とポツリ。「だから彼氏っていうよりかはボーイフレンドがいっぱい欲しいなと思って」と口にした。

 「今日イタリアン作るかなと思ったら、イタリア料理好きな、それこそイタリア系のハーフの子とか来てくれたら一緒に食べてて美味しいなと思うし、今日は疲れたから和食でしっぽり焼酎かなって言った時にぼんやり一緒に付き合ってくれる子とか…」と具体例を出して説明。「なんか14人くらいいれば、1日目の人と2週間後に会うならお互い飽きないかなって」と話し、最後には「1人の人を愛し抜く余裕がないかな。ちょっとでいいんですよね、ご飯食べてから寝るまでまったりするまでいてくれれば」とリアルな恋愛観について語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月26日のニュース