橋下徹氏 現金とクーポンで10万円給付の事務経費1200億円に怒り「何やってんだ日本の政治行政は!」

[ 2021年11月27日 00:27 ]

元大阪市長で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(52)が26日、自身のツイッターを更新。財務省が18歳以下の子どもへの10万円相当給付に関し、現金とクーポンで10万円を給付するのにかかる事務経費が1200億円となり、現金で一括給付するより900億円高くなると説明したことについて、怒りの声を上げた。

 橋下氏は「何やってんだ日本の政治行政は!批判覚悟でマイナンバーと所得情報と預金口座の紐付けを断行すれば、給付経費は0円に近づく。それくらいやれよ!」とつづったもの。

 給付は、10万円給付はまず5万円を現金で配り、来年春ごろに残る5万円分をクーポンの形で配布する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月26日のニュース