斉藤慶子 “全裸日焼け”告白「“修正が大変だから焼いてくれ”って」JALキャンペーンガール時代

[ 2021年11月26日 12:16 ]

女優の斉藤慶子(07年撮影)
Photo By スポニチ

 女優の斉藤慶子(60)が25日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。JALのキャンペーンガール時代の“全裸日焼け”を告白した。

 この日の番組は「歴代グラドル大集合 裏話ぶっちゃけSP」として放送。1982年に、JALのキャンペーンガールに抜擢されて芸能界入りした斎藤は、「今は美白なんだけど、当時は小麦色の肌がすごく流行ったんです」と振り返った。そして「その頃はみんな黒く(肌を)塗っていたんですって」と言い、胸元に手をやりながら「(写真が)出来上がった時にこのへんがズレてたりすると修正しなきゃいけないから、当時は“修正が大変だから焼いてくれ”って言われて、ズレるといけないからビルの屋上で裸で焼いたんです、全裸でゴロゴロやりながら」と告白した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年11月26日のニュース