カズレーザー 酒類提供の人数制限に「基本的には自己判断という体でノールールになるってこと」

[ 2021年6月18日 08:45 ]

「メイプル超合金」のカズレーザー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(36)が18日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。東京都の小池百合子知事は17日に新型コロナウイルスの緊急事態宣言からまん延防止等重点措置への移行に伴う飲食店での酒類提供の可否などについて、18日に判断する意向を示したことに言及した。

 これまで酒類は宣言と重点措置地域では提供できなかったが、政府は重点措置では午後7時まで認めるとした。アクリル板設置と座席の距離確保のほか、換気や手指消毒、「マスク会食」を徹底するのが条件。家族などを除き、同一グループでの入店は原則4人以内とすることも求める。地域の感染状況に応じて知事の判断で、より強い制限を行うことも可能となっている。

 カズレーザーは、酒類提供で東京都が「1人飲み」「3人まで」など人数に制限を設けることを検討していることについて「例えばバーとかで、別々グループの体で来て、それを店員の判断で注意することを求めるってことになってると思うんですけど、営業できるようになって今さら客単価下げるような行動を取るお店があるとは思えない。基本的には自己判断という体でノールールになるってことなんですかね」と自身の見解を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月18日のニュース