板垣李光人 10代で2度目の大河出演 「ぜいたくなこと」

[ 2021年6月18日 11:09 ]

大河ドラマ「青天を衝け」で徳川明武を演じる板垣李光人(C)NHK
Photo By 提供写真

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」で、将軍となる徳川慶喜(草なぎ剛)の異母弟・徳川昭武を演じる俳優・板垣李光人(19)がこのほどリモートで合同取材に応じた。

 2015年の「花燃ゆ」で吉田松陰の幼少期を演じて以来、2度目の大河出演。「10代のうちに2回も大きな作品を経験できるのは、ぜいたくなこと」と語った。

 6年ぶりに臨んだ大河の現場は「人数が多く、空気感が独特で、懐かしいと思った。前回の時の方が年齢も下だったので、逆に、緊張していなかった」と率直な思いを吐露。演じる徳川昭武について「出演が決まって調べた。写真を見ても、気高そうな印象。品位、カリスマ性があったのではないか。鋭いが、柔らかさもありそうだと思った」と話した。

 主人公の渋沢栄一(吉沢亮)らとパリ万博を訪れ、皇帝ナポレオン三世と会う場面が見せ場のひとつ。「明武は14歳で、日本を背負ってパリに行く。重圧を押しのけて堂々としている。格好良いシーンになっていればいい」と語った。

 共演した吉沢については「目がきれい。子供のように澄んだ目をする時もあれば、タカのような鋭い目をする時もある」と指摘。昭武と栄一が一緒にセーヌ川のほとりを歩くシーンも見せ場の一つで「自分に近い家臣もいる中で、正直な思い吐露できる人が栄一。明武は栄一の聡明(そうめい)、柔軟な考え方に感銘を受けたのだと思う」と話した。

 役柄で心掛けた点に関しては「身分が高く、所作が決まっているところがある。決められた動きを自分の中でかみ砕いて明武の動き、空気を含むような動きにした」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月18日のニュース