かまいたち コロナ療養中の過ごし方 山内はアプリで「全国3位になりました」

[ 2021年6月18日 08:36 ]

かまいたちの山内健司(左)と濱家隆一
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司(40)と濱家隆一(37)が17日放送のMBS「かまいたちの知らんけど」(木曜後11・56)に出演。ともにコロナ陽性判定され、濱家は入院、山内は自宅療養から復帰となり、療養中の様子を語った。

 陽性判定され、濱家は「ただただびっくりして、周りの人が大丈夫かなと思った」、山内は「なってると思わんかった。パニックよね」と当時の心境を回想。

 濱家は3日間ほど38・5度から39・5度の高熱が続き、10日間入院。「5日目ぐらいから味覚と嗅覚なくなった。まったく食う気が起こらなくて、食べてなくて。(回復度合いは)60%くらい。舌の上で味はするけど鼻から抜けていくのはない」と語った。「とにかく寝て体力回復。YouTube見てました」と、2ちゃんねる創設者・ひろゆき氏のモノマネをするユーチューバー「ひろゆかない」にハマっていたことを明かした。

 山内は1日だけ39.5度の発熱があったが、解熱剤を飲み、自宅療養で隔離生活を選択。「一番やったのは麻雀のアプリ。1万円課金して、全国3位になりました」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月18日のニュース