中居正広、TBS「音楽の日」11年連続司会に 「歌の力をお届けできればと思います!」

[ 2021年6月18日 22:00 ]

11年連続でTBS「音楽の日」の司会を務める中居正広(右)と同局の安住紳一郎アナウンサー(C)TBS
Photo By 提供写真

 タレントの中居正広(48)が、7月17日に放送されるTBSの大型音楽特番「音楽の日」(後2・00~9・54)の総合司会を11年連続で務める。東日本大震災が発生した2011年にスタートし、11回目。今年は歌の力でコロナ禍の日本を元気づける。

 新型コロナウイルスのワクチン接種が進むなか、音楽コンサートなどのイベントが少しずつ開催を試みている。しかし、まだまだ以前の生活には戻れないこんな時だからこそ、日本中を元気にする様々な「Wa!」を音楽で届けたい。繋がる「輪」、笑うの「ワ」、ワクワクの「ワ」、みんなを笑顔にする「Wa!」を今回のテーマとして行う。

 中居は「司会としては、アーティストの皆さんが気持ちよく歌っていただけるような環境が作れればいいなと思います。そして、『音楽の力で日本を元気に』という想いを胸に…今年も、番組をご覧の皆さんに『歌の力』をお届けできればと思います!」とコメント。中居と総合司会を担当する安住紳一郎アナウンサー(47)は、「最近はコンサートなどもまだ、中々うまく開催できないところもあって、音楽を楽しみにしている方も多いと思います。この『音楽の日』が本当に贅沢な空間になるように、一生懸命サポートしていきます。楽しみにしている皆様に満足していただけるような番組作りを心掛けて、中居さんと一緒に進行していきたいと思っています」とPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月18日のニュース