宮根誠司 目に涙浮かべ…松山英樹V祝福「国民栄誉賞をあげてもいい」 

[ 2021年4月12日 17:07 ]

宮根誠司アナ
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの宮根誠司(57)が12日、MCを務める日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)に出演。男子ゴルフのマスターズでメジャー大会を日本人として初めて制した松山英樹(29=LEXUS)の快挙を称賛した。

 番組には、松山がマスターズに初出場したときから取材を続けているゴルフジャーナリストの船越園子氏が出演。松山の快挙の要因を「以前は喜怒哀楽が激しかったが、今回は心穏やかにプレーできていた。だから、ミスしてもカバーできた」と語った。

 優勝者には「グリーンジャケット」が贈られるが、宮根は「グリーンジャケットを着ることはゴルフファンとして涙が出る。僕らが生きているうちに日本人がグリーンジャケットを着ることはあるのかなと思っていた。マスターズ優勝はそのくらいすごいこと」と感慨深げ。さらに、喋っている内に感動が蘇ったようで、アシスタントの読売テレビ・澤口実歩アナウンサー(25)に「うるうるしていますね」と目に涙を浮かべていることを指摘される場面も。最後には「国民栄誉賞をあげてもいいなと思いますけど」とコメントし、松山の快挙を祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月12日のニュース