板倉俊之の趣味はエアガン収集 爆問・太田からエアガン向けられ田中が言った言葉とは

[ 2021年4月12日 17:38 ]

インパルスの板倉俊之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「インパルス」の板倉俊之(43)が12日、ニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に出演。自身の趣味であるエアガン収集やサバイバルゲームについて語った。

 リスナーの質問で、一番お気に入りのエアガンの値段を聞かれた板倉は「値段は数万円なんですけどね」とモデルガンとの違いと合わせて回答した。すると、ナイツの土屋伸之(42)が「(爆笑問題の)太田さんが(楽屋で)弾なしで撃ってくるのは何ですか」とたずねると、「エアガンです」と説明。自身のマニアぶりは業界でも知られており、「太田さんって、確かにスタジオで会うとパスン、パスン、ってやってくるじゃない。その時に、オレにやってきて。横に田中さんがいて、『お前、もっとヤバいの持ってるぞ、あいつ。あいつにはやめろ!』みたいな」と明かすと、「確かにスナイパーライフル持ってますからこっちは。遠くから太田さん撃てるんで」と笑わせた。

 またドランクドラゴンの鈴木拓(45)からサバイバルゲームのために「本当のアーマーも持ってたよね。軍事用の着るやつ。防弾チョッキ的なやつを」と聞かれると、「だけど本当は中に鉄板入れるわけ、弾丸防ぐために。だけどそれ重いし、手に入んないから、プラスチック入れたり、お風呂マット切って入れたりして」と明かした。だが一時期、あまりにものめり込み、「全て本物で揃えようと、『オレが軍人じゃねえじゃん』って」思うように。「そっから、ゲームに必要じゃないものは、あんまり持ってかないようにしちゃって。身軽な、実戦的な。隠れる用のやつとか」といった装備になったとした。

 板倉は一番お気に入りのエアガンについては「買って、パーツ付けたというよりも、塗装を自分でやったやつが愛着が湧くんですよ。真っ黒だと草むらにいるときにくっきりと見えちゃう」と明かした。サバイバルゲームについては「勝ち負けはあるけど、そこにこだわっている人はあまりいなくて、楽しめればいいやっていう。『お前のせいで負けたじゃねーかよ』とかは全然ない」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月12日のニュース