浜辺美波、これぞシンデレラストーリー!?オーディションの最終審査で靴が脱げる失態も「結局褒められた」

[ 2021年4月12日 20:46 ]

女優の浜辺美波
Photo By スポニチ

 女優の浜辺美波(20)が12日放送の日本テレビ系「世界まる見え!テレビ特捜部」(月曜後8・00)にゲスト出演し、コンテストでの失敗談を語った。

 浜辺は10歳の時に「東宝シンデレラ」オーディションがキッカケで芸能界入り。そのオーディションでの最終審査の時にスピーチがあり、壇上に上がった。そこで「年齢が小学4年生とかだったので、パンプスを履いたことがなくて、スピーチも初めてだった」と振り返った。

 そして無事にスピーチを終えた浜辺は「ホッとした時に最後帰る時に靴が脱げちゃって」と、まさかの失態を明かした。脱げた靴は「手で持って帰った」とした。

 審査に大きな影響を及ぼすかと思われたが「これが『東宝シンデレラ』オーディションだった。だから、シンデレラってガラスの靴を置いて帰っちゃうじゃないですか」と、偶然にもストーリーと重なる結果になった。「だから結局褒められたんです」と笑顔で思い返した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月12日のニュース