東山紀之 司会番組スタッフのコロナ感染謝罪「大変申し訳ない」

[ 2021年4月12日 05:30 ]

テレビ朝日
Photo By スポニチ

 東山紀之(54)が11日、司会を務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)で、飲食を伴う送別会に参加した同番組のスタッフが新型コロナウイルスに感染したことを謝罪した。「スタッフの気の緩みからこのような状況を生んでしまった。大変申し訳なく思っております」と語った。

 番組では、野上慎平アナウンサーが経緯を説明。先月28日の放送終了後、社内で行われた飲食を伴う送別会にスタッフ9人が参加。6人はその後、カラオケ店でも飲食を行った。この6人のうち、4日までに4人が新型コロナに感染。さらに、もう1人の感染が7日に確認されたことを明らかにし、感染者は計5人に拡大した。

 会合は出演者には声をかけておらず、東山やそのスタッフに濃厚接触者はいない。東山は「私自身も気を引き締めて皆さまの信頼を取り戻せるよう、番組として深く反省して1日も早くコロナウイルス収束に向けて正確な情報をお届けしたいと思っております。本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月12日のニュース