草刈民代「すまぬ正ちゃん!」松山Vマスターズ録画視聴していた夫・周防監督に結果言っちゃった

[ 2021年4月12日 19:04 ]

周防正行監督と女優の草刈民代
Photo By スポニチ

 女優の草刈民代(55)が12日、自身のインスタグラムを更新。夫の周防正行監督(64)との男子ゴルフの松山英樹(29=LEXUS)が優勝したマスターズ中継をめぐる家庭でのやり取りを明かした。

 「松山選手マスターズ優勝!朝スマホを取ると、まず目に入ったのがその記事。そしてダイニングに行くと、夫が昨晩の試合の録画を観ていました」と朝の家庭での状況を説明してから「『勝ったんでしょ?松山選手』と私がいうと、『も~、なんで結果を言うんだよ~(怒った顔のマークを添えて)』と絶望的な顔に」と報告。「彼は朝から一切の情報を目にせず、録画を観ていたというのです」と周防監督の様子を明かした。

 「そして最終ホール、松山選手がパターを打つ姿を観ながら、『あ~、もっとドキドキしながら観たかった』と嘆くように言いました。改めてスポーツ観戦とは、こういうことかと思いましたが、脚本家であり、映画監督でもある夫は、試合のドラマ、選手が紡ぎ出すドラマにとことん浸って観たい、という欲求が人一倍強いのか。私はたまに、こうやって夫に絶望感を味合わせてしまいます」と告白し、「すまぬ、正ちゃん!」と謝罪。最後はハッシュタグをつけて「松山英樹選手優勝おめでとう」と松山の快挙を祝福した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月12日のニュース