橋本愛「土下座」 「青天を衝け」で「キュンキュンを100%背負い込んだセリフ」まさかのカットに謝罪

[ 2021年4月12日 19:34 ]

女優の橋本愛
Photo By スポニチ

 女優の橋本愛(25)が12日までに自身のインスタグラムを更新。11日に放送されたNHK大河ドラマ「青天を衝け」での放送内容について謝罪した。

 橋本は尾高千代役として「青天を衝け」に出演しており、4日に放送された第8話「栄一の祝言」で吉沢亮(27)演じる渋沢栄一と結婚し、11日の第9話「栄一と桜田門外の変」では栄一との夫婦シーンもあった。

 橋本は取材で「夫婦になって、初夜のシーンで、栄一さんが『抱いていいか?』みたいなセリフを言う。なんだこりゃ!?と思った。テレビの前のおなごたちが泡を吹いて倒れるんじゃないかという、キュンキュンを100%背負い込んだセリフだと思った」とコメントしていたが、そのシーンはなかった。

 これに「まさかまさかの、取材でたくさん取り上げていただいたシーンが、見事にごっそりカットされていましたので、盛大にお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。土下座」と謝罪した。

 それでも放送の内容には「でも、仕上がり、素敵でした」と振り返った。また尾高千代の役名が第9話から渋沢千代に変わったことに「はあなんだか感動してしまいました」と心境を記した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月12日のニュース