「麒麟がくる」最終回副題はド直球「本能寺の変」光秀ついに決意「我が敵は織田信長と申す」今夜“特番”も

[ 2021年1月31日 20:43 ]

大河ドラマ「麒麟がくる」最終回(第44話)。本能寺に向かう明智光秀(長谷川博己)(C)NHK
Photo By 提供写真

 俳優の長谷川博己(43)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の最終回(第44話、2月7日)の副題が「本能寺の変」であることが1月31日、次回予告で明らかになった。主人公・明智光秀(長谷川)が主君・織田信長(染谷将太)を討つ戦国最大のミステリーにして今作最大のクライマックス「本能寺の変」(天正10年、1582年)を、そのままサブタイトルに持ってくる“直球勝負”。1月スタート作品(1~12月の暦年制)としては史上初の越年放送となった今作の最終回は15分拡大版。光秀が“麒麟”を連れてくることは叶うのか?

 <※以下、ネタバレ有>

 大河ドラマ59作目。第29作「太平記」(1991年)を手掛けた名手・池端俊策氏(75)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生を描く。

 第17話「長良川の対決」(昨年5月10日)、第21話「決戦!桶狭間」(昨年6月7日)もストレートな副題だったが、最終回「本能寺の変」はそれを上回る“直球度”。次回予告は黒バックに白い文字の「天正十年 六月二日」から始まり、最終回の映像とともに「日本史上最大の謎」「なぜ彼は立ち上がったのか」の赤いテロップ。そして、本能寺に向かっているとみられる馬上の光秀、襲われて立ち回っているとみられる信長のシーンに、光秀の台詞「我が敵は、織田信長と申す」が重なった。

 最終回には、羽柴秀吉(佐々木蔵之介)の家臣・黒田官兵衛(濱田岳)も登場。妻・煕子(木村文乃)、松永久秀(吉田鋼太郎)、正親町天皇(坂東玉三郎)、徳川家康(風間俊介)、足利義昭(滝藤賢一)から次々に思いを託され「信長の暴走を止められるのは自分」「(王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣)麒麟を呼べるのは自分」と突き動かされてきた光秀。この日の第43話「闇に光る樹(き)」は、帰蝶(川口春奈)からも背中を押される形になった。

 31日午後11時40分から20分“特番”「麒麟がくる いよいよ本能寺スペシャル」(総合テレビ)がオンエア。番組の大ファン・松村邦洋(53)が最終回展望とともにドラマの魅力を語る。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月31日のニュース