藤井聡太2冠、杉本昌隆八段(52)に73手で勝利 3度目の師弟対決も制す

[ 2020年12月3日 21:33 ]

大阪市の関西将棋会館で行われた第6期叡王戦段位別予選準決勝で対局した藤井聡太2冠(右)と杉本昌隆八段(提供・日本将棋連盟)
Photo By 提供写真

 将棋の藤井聡太2冠(18)=王位、棋聖=が3日、大阪市の関西将棋会館で指された第6期叡王戦の段位別予選準決勝で杉本昌隆八段(52)に73手で勝利。前回、前々回に続いて3度目の師弟対決も制した。

 藤井がタイトルホルダーになってから初めての対局。過去2回、2018年3月の王将戦1次予選2回戦と今年6月の竜王戦3組ランキング戦決勝はいずれも弟子の藤井が勝っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月3日のニュース