アンジャ渡部「何もなく復帰ができるとは思っていなかった」 年末特番への出演報道で批判相次ぎ

[ 2020年12月3日 20:10 ]

謝罪するアンジャッシュ・渡部(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛していたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日午後7時から都内で謝罪会見を開いた。

 結婚指輪を外していることについて渡部は「仕事の時はつけることがないので、今日もつけてきませんでした」と理由を語り「家庭内というか、夫婦で出かけるときはつけることもあります」と話した。

 渡部は年末特番への出演報道を受けて「何かの番組にしれっと出て復帰ということではなく、復帰の時に謝罪会見を開くべきだという思いはありました」と話しつつ「ただ、こういった報道で開くべきじゃないかと感じて、今日お集りいただきました」と、謝罪会見に至った経緯を伝えた。

 年末特番への出演報道で批判が出たことについては「想定外ということではないですけど、当然、何もなく復帰ができるとは思っていなかった。タイミングを見て記者会見を開く予定でした」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月3日のニュース