室井佑月、夫・米山隆一氏の出馬表明で「ひるおび」出演見合わせ「公平性を担保すべき」

[ 2020年12月3日 13:24 ]

作家でタレントの室井佑月
Photo By 提供写真

 作家でタレントの室井佑月(50)が3日、夫で元新潟県知事の米山隆一氏(53)が次期衆院選への立候補を正式表明したことを受け、木曜コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)への出演を見合わせることを発表した。

 この日の番組冒頭で、同局の江藤愛アナウンサー(35)が室井からのメッセージを代読。「公平性を担保すべきとのことで番組の皆さまとご相談の上、出演を控えさせていただくことにいたしました。皆さま、長い間お世話になりました。ありがとうございました」と伝えた。

 室井の出演見合わせが明らかになった直後、米山氏は自身のツイッターを更新。「妻の室井佑月には、私の政治的志でその活動に影響を与えてしまう結果となり非常に申し訳なく思っています」とつづり、「わが妻の 夢を奪いし わが夢の 重みを胸に 妻と歩まむ」と短歌で心境を表現した。

 米山氏は先月27日、次期衆院選の新潟5区に無所属で立候補すると正式表明した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月3日のニュース