アンジャッシュ渡部 逃げ場なし…3日午後7時から謝罪会見 芸能史上最も過酷な“火だるま会見”に!?

[ 2020年12月3日 05:31 ]

アンジャッシュの渡部建
Photo By スポニチ

 多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日、午後7時から都内で謝罪会見を開く。所属事務所が2日、発表した。渡部は会見をしないまま年末特番の収録に参加したことで世間の批判が殺到。芸能史上最も過酷な“火だるま会見”となりそうだ。

 所属事務所が「本人より一連の報道についてご説明させていただく」とした会見は、記者やリポーターが対象者を取り囲む「囲み取材」のスタイル。着席で向かい合う会見と違い、質問者が社名や氏名を名乗らず自由に質疑できるため、会話のテンポが良く、深掘りして聞き出すことができる利点がある。民放関係者は「渡部さんは矢継ぎ早に詰問されても応じる覚悟を決めている」と明かした。

 対応の善しあしがその後のタレント活動に大きく影響を及ぼしてきた不倫謝罪会見。企業の危機管理広報を担当するエイレックスの兵頭茜さんは、今回のケースについて「秘策はなく、謝罪し続けるしかない」と指摘した。その上で「騒動で一番傷ついているのは渡部さんの家族や不倫相手なので、長らく謹慎をしたからといって被害者ぶってはいけません。質問には目が泳がないようにして答え、声は大きくも小さくもなくトーンは自然体。ダークスーツで臨むことをお勧めします」とアドバイスした。

 渡部はどう答えるべきか。注意しなければならないポイントは(1)上から目線で相手を言いくるめる芸風は封印する(2)会見の集中砲火の中で必ず来る甘い質問にも「ネット見ろ!」などとふざけて答えない(3)うんちくグルメ王の顔は出さない、の3点だ。求められるのは、ただ真摯(しんし)に答えることだけだ。

 騒動後すぐ、妻で女優の佐々木希(32)がインスタグラムで謝罪し、相方の児嶋一哉(48)もラジオ番組で本人に代わって頭を下げたのに、渡部はその約2週間後に不倫を報じた週刊文春誌上で謝罪しただけ。先月18日に日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない」の収録に参加したことが同20日付の本紙報道で判明し、会見なき復帰に身内からも批判の声が上がっていた。

 炎上する渡部に、改めて会見を勧めたのが児嶋だ。同25日公開の自身のYouTubeチャンネルに、浮気が原因の離婚で09年に会見を開いた芸人の陣内智則(46)をゲストに迎え、渡部も陣内と同様に「コテンパンにやられること」を推奨した。会見の案内文には終了予定時刻の記載はない。児嶋のサポートもない中で、時間無制限の修羅場をくぐることになりそうだ。

 【渡部騒動経過】
 ▼6月9日 テレビ・ラジオ出演の全面自粛を各局に申し入れ
 ▼同11日 週刊文春が複数女性との多目的トイレを用いた不倫関係を報じる
 ▼同12日 妻の佐々木希がインスタグラムで、相方の児嶋一哉が渡部のラジオ番組に代理出演し謝罪
 ▼同14日 日本テレビ「行列のできる法律相談所」とテレビ朝日「相葉マナブ」が渡部の出演シーンを全てカットして放送
 ▼同25日 週刊文春がインタビューを掲載。騒動後初めて心境を明かす
 ▼7月30日 児嶋が騒動後初めてイベントに登場。コンビの今後について「何も決まっていないし分からない。復活できないかもしれないし、僕の中でも分からない」と話す
 ▼9月2日 佐々木がファッション誌「anan」インタビューで騒動に言及。「私自身も変わらなきゃと、少しずつ前向きに」
 ▼10月28日 佐々木が騒動後初の公の場となるイベントに出席。渡部には言及せず
 ▼11月20日 スポニチ本紙で、渡部が大みそかの日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズで電撃復帰と報じた

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月3日のニュース