M―1グランプリ 錦鯉“史上最年長”で初決勝!9組が20日の大一番に臨む

[ 2020年12月3日 05:31 ]

「M―1グランプリ」決勝進出を果たした9組(左から)おいでやすこが、錦鯉、アキナ、見取り図、マヂカルラブリー、ニューヨーク、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランド
Photo By 提供写真

 漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」の準決勝が2日、都内で行われ、史上最年長で初の決勝進出となった「錦鯉」など9組が決勝に進出した。

 芸歴26年目の長谷川雅紀(49)と同21年の渡辺隆(42)のコンビだが、結成は8年で参加資格の結成10年以内。現在も生計を立てるため、それぞれ「水道料金を測定する仕事」(長谷川)、「市場で野菜の仕分け」(渡辺)のアルバイトをしている。渡辺は「誰より(優勝賞金)1000万円が欲しい」と目を血走らせた。

 またピン芸人の、おいでやす小田(42)こがけん(41)によるユニット「おいでやすこが」が結成2年目で決勝に。コンビ活動が主ではない、ユニットの決勝進出は史上初。昨年のM―1予選前に結成し、今年はYouTubeチャンネルを定期更新してネタを披露していた。

 小田はひとり芸日本一決定戦「R―1グランプリ」の常連だったが、今年から参加資格が芸歴10年以内となり突如道を閉ざされたばかり。「新しい生き場所が見つかりました」と話した。

 ほかアキナ、マヂカルラブリー、見取り図、ニューヨーク、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランドが20日の決勝に進んだ。

 《チケット売れ行き2万枚!》新型コロナウイルスの影響下、各地の映画館で中継を行う「ライブ・ビューイング」のチケットが2万枚以上売れるフィーバーとなった。昨年初導入して今年は当初106館で実施予定だったが、先月21日にチケットを発売したところ売れ行きがよく、22館の追加が決まった。一部シネコンではスクリーン数を増やして昨年を大きく上回る特需に対応。関係者は「コロナでオンライン視聴する習慣ができた。そこにM―1人気がハマった」とうれしい悲鳴だ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月3日のニュース