山里亮太 「M―1」決勝進出9組は「全部、俺のファミリー…誰が優勝しても」

[ 2020年12月3日 11:32 ]

「南海キャンディーズ」の山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(43)が2日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演し、漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2020」について語った。

 同グランプリは2日に準決勝が行われ、9組が決勝に進出。山里は「すごかったねえ、ハイレベルで」と言い、「びっくりしたねえ、ファイナリスト聞いて。本当に嫌らしい意味じゃなくて、全部、俺のファミリーだったからさあ。誰が優勝しても(番組に)呼べる。関係者ばっかり」と“豪語”した。

 今年は史上最多の5081組がエントリー。決勝進出を果たした9組は、おいでやすこが、錦鯉、アキナ、見取り図、マヂカルラブリー、ニューヨーク、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランドで、20日に敗者復活、決勝が行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月3日のニュース