堀江貴文氏 会見の渡部に「痛々しかった」 多目的トイレでの不倫は「あれはひどい」

[ 2020年12月3日 21:49 ]

堀江貴文氏
Photo By スポニチ

 実業家・堀江貴文氏(48)が3日、インターネット放送「ABEMA(アベマ)」に出演。番組前に行われていた多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛していたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)の謝罪会見について言及した。

 堀江氏は「僕、同い年なんですよね」と明かし「15、16年前に初めて会った時には、まだ売れたての芸人さんという感じで、美味しいものも食べてなくて」と出会いを振り返った。「いつの間にかグルメでグルメみたい王になっていて凄いと思っていたら、佐々木希さんと結婚して凄いなと思った」と、渡部の活躍に驚いたという。

 堀江氏は不倫騒動を起こした渡部に「他人事とは思えない。俺も色々あったけど、お前も色々あったんだな。ある意味、共に生きてきたというか」と自身と重なる部分を感じていた。

 不倫報道に「そういうことしちゃうんだ。あれはしちゃいかんよな」と語った。謝罪会見の渡部の様子には「ちょっと痛々しかった」と語るも、多目的トイレでの不倫について「でも、あれはひどいよ。俺も思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年12月3日のニュース