西村知美 自宅バスマットはビニール付いたまま「役目忘れてる」ツッコミに「タオルで拭けばいい」

[ 2020年10月20日 20:14 ]

タレントの西村知美
Photo By スポニチ

 タレントの西村知美(49)が20日放送の日本テレビ「秋の超特大さんま御殿!」(後7・00)にゲスト出演、自宅のバスマット事情を語り、MCの明石家さんま(65)らを驚かせる場面があった。

 「クセが強い家族」と題して、西村は娘の西尾咲々さんと登場。「ウチの家族は変だと思った時」をテーマにしたトークで西村はバスマットを買った時のビニールを付けたまま使っていることを明かした。

 風呂上がりの濡れた足を拭くためのバスマットだが、ビニールを付けたままでは水を吸わないことにも「(後で)バスタオルで拭けばいい。新品のまま。お得でしょ」と語ると、さんまをはじめ出演者からは「役目を忘れてる」とツッコミが入った。

 それでも西村は「ふかふかでしょ。ビニールだけだとふかふかじゃないですか。はがしたくない」とクッション性にこだわると娘の咲々さんは「(ビニールは)取って欲しい」といい、夫の元タレント・西尾拓美さん(53)は旅行先でビニールの付いていないバスマットで足を拭くことが楽しみになっていると明かした。

 さらに西村は、かつてさんまと共演していたクイズ番組で、欲しかった高級ミシンを賞品としてもらったものの「もったいなくて」箱からも出していないと告白。その後、別のミシンを購入したがそれも面倒で箱から出さず結局、服の直しなどは手縫いで行っていることを明かし、共演陣を再び仰天させていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月20日のニュース