吉永小百合主演「いのちの停車場」19日より撮影再開 広瀬すずの新型コロナ感染で中断

[ 2020年10月20日 17:00 ]

映画「いのちの停車場」で主演する吉永小百合
Photo By スポニチ

 女優の広瀬すず(22)の新型コロナウイルス感染が判明し、中断していた女優の吉永小百合(75)主演の映画「いのちの停車場」(21年公開)の撮影が19日、再開した。

 配給の東映は「本作出演者の、まほろば診療所の訪問看護師役である広瀬すずさんが10月6日に新型コロナウイルス感染症と診断されたことを受けて、撮影を中断していました本作ですが、ご本人の仕事復帰に伴い、本作品も昨日10月19日(月)より撮影を再開いたしました」と報告した。

 撮影再開を受けて、同社の手塚治社長(60)は「撮影が無事再開できたことに、ホッとしています。クランクアップまであと少しですので、スタッフ・キャスト一丸となって頑張っております。『いのちの停車場』を応援してくださる皆さま、素晴らしい作品を創り上げますので楽しみにお待ちください」とコメントを寄せた。

 広瀬は定期的に行っていた同作の集団PCR検査で6日に陽性が判明。16日に体調回復を報告し、17日から仕事復帰している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月20日のニュース